『ロックスター』『ナルニア国物語』

2006年04月07日

『ハートブレイカー』


シガニー・ウィーバージェニファー・ラヴ・ヒューイットが詐欺師母娘を演じた、面白くて切ない犯罪コメディ。

マックス(シガニー・ウィーバー)とペイジ(ジェニファー・ラヴ・ヒューイット)は、結婚詐欺をはたらく母娘。今回も修理工場の社長ディーン(レイ・リオッタ)をまんまと騙したのはいいが、7年間の脱税がバレて財産は凍結。罰金を払うため、また新たな詐欺をはたらくことに。

その標的となったのは、30億ドルの資産を持つウィリアム(ジーン・ハックマン)。計画は着々と進み、あと一歩というところでまた問題発生。おまけに、騙されたとは知らずマックスのことを忘れられないディーン(レイ・リオッタ)が、彼女たちの後を追ってきて・・・。


シガニー・ウィーバーはリプリー(『エイリアン』)のイメージが強いですが、この作品ではとてもセクシーで美しいし、レイ・リオッタジーン・ハックマンのおバカぶりは最高だし、それぞれの俳優の、これまでとはまた違った魅力を味わえる作品です。

それにしても、レイ・リオッタはとてもキレイな目をしていますね。これまで男性でこんなに目がキレイだと思ったのは、彼とイライジャ・ウッドだけです。そして、ペイジ(ジェニファー・ラヴ・ヒューイット)が思いを寄せるバーテンダーのジャックを演じるのが、ジェイソン・リー。実はお金持ちで、今回のことに巻き込まれてしまうかわいそうな青年です。

登場人物たちの微妙な心の内が切ない、特に、母親の、娘を思う気持ちが切ない物語ですが、最後はやっぱり・・・。

(原題 『Heartbreakers』 2001年)



シネマな生活 at 23:00│映画 【な】・【は】 
『ロックスター』『ナルニア国物語』

© 2006 シネマな生活