『ナルニア国物語』『ハービー/機械じかけのキューピッド』

2006年04月17日

『アンダーワールド』


ヴァンパイアとライカンの戦いを描いた、ケイト・ベッキンセール主演のホラー・アクション。22日から公開される続編『アンダーワールド エボリューション』の為に、軽く浅くおさらい。

ヴァンパイアの処刑人セリーン(ケイト・ベッキンセール)は、マイケル(スコット・スピードマン)という人間の男がライカンに追われていることに気づき、真相を探ることに。

しかし、いざとなってもヴァンパイアのリーダー・クレイヴン(シェーン・ブローリー)はいっこうに取り合わない。ついにセリーンは、彼だけが頼りと、父親のように慕っていたビクター(ビル・ナイ)を復活させるのだが・・・。



これまでとは違う、スタイリッシュなヴァンパイア映画。そして何といっても、映像がとてもキレイ。何度も借りて観ました。いっそのこと買ったら?と自分でも思うのですが、1・2のセットでDVD出るかな~と、少し期待しております。

キャラクターもとてもイイ。特にビクターはイイですね。素手でライカンを倒すんだから、やっぱり最強?しかもその後の、あの気持ちよさそうな顔が何ともいえません。

続編ではバトルシーンもスケールアップしてそうな感じ。そして、もう一人の長老・マーカスがよみがえり、セリーンの家族の秘密も明らかになるようです。このマーカスを演じるのは麗しのトニー・カラン様。どんなヴァンパイアを演じてくれるのかが楽しみです。




シネマな生活 at 14:48│映画 【あ】・【か】 
『ナルニア国物語』『ハービー/機械じかけのキューピッド』

© 2006 シネマな生活