『リバーワールド』『理想の恋人.com』

2006年05月15日

『ビロウ』


ドイツ軍のUボートと戦うアメリカ潜水艦の物語。このアメリカ潜水艦が、撃沈されたイギリスの病院船から三名の生存者を救出するが、その内の一人はなんと女性。“船に女を乗せると不吉なことが起こる”という言い伝えがあることから、なかには嫌がる乗組員も。

そして、ドイツ軍が攻撃してくると同時に次々と奇妙な出来事が起こり出す。しかし本当の敵はドイツ軍ではなく、艦内に潜んでいた。実はこのアメリカ潜水艦、任務中に潜水艦から海に転落死した艦長に代わって、ブライス大尉(ブルース・グリーンウッド)が艦長を務めていたが、その艦長の死は謎に満ちていた。


今まで観た潜水艦映画の中で(言うほど観てませんが)、いちばん面白かったかも。第二次世界大戦中の物語ですが、戦争映画ではなくミステリーです。なんというか、斬新な感じがしました。

救出された女性、クレアを演じるのは『シックス・センス』オリビア・ウィリアムズ。女性が出てくると、どうせ主人公とくっついたりするんだろうな~と思ってしまうのですが、この作品はそういった恋愛要素はなく、最後まで主人公と共に戦っているのがよかったと思います(ちなみに、彼女の最新作は『X-MEN 3』)。

そして、忘れてはならないのがジェイソン・フレミング。あの“不吉な言い伝え”を信じている一人で、最初はクレアにひどい仕打ちをしたりもしますが・・・。実は彼の登場が、いちばんのツボでした。

(原題 『Below』 2002年)



rogue at 21:29│映画 【な】・【は】 
『リバーワールド』『理想の恋人.com』

© 2006 シネマな生活