『アンダートウ 決死の逃亡』『セレンディピティ』

2006年06月13日

『世界で一番パパが好き!』


宣伝マンとして働くオリー(ベン・アフレック)は、最愛の妻を亡くした悲しみを紛らわせる為、生まれたばかりの赤ん坊を親に預けて、仕事に没頭する。しかし大きなミスをしてしまい、仕事もクビに。実家のあるニュージャージーへ戻ったオリーは、娘との新しい生活をスタートさせる。

娘も健やかに育ち、新しい恋の予感もあって幸せな日々を送っていたオリーは、あることがきっかけでもう一度ニューヨークで宣伝マンとして働きたいと思うようになる。だが、その面接の日は娘の学芸会の日でもあった。


ベン・アフレック主演、ケヴィン・スミス監督・脚本の父と娘の愛情を描いた作品。ベン・アフレックが、意外といいパパぶりを発揮してました。びっくりするのはリヴ・タイラー演じるマヤ。ずいぶん過激な発言を連発していたような。

そしてジェイソン・リーマット・デイモンがオリーの面接官の役で出演していますが(ちょい役ですけど)、ジェイソンは今回もいい感じにうさん臭くて、怪しいです。

ところで、ジェニファー・ガーナーティモシー・オリファント共演の『Catch and Release』に、ケヴィン・スミスも出演するようです。ティムは最近『Deadwood』『My Name Is Earl』ジェイソン・リー主演のドラマ)のゲスト出演など、テレビで忙しいのかと思っていたら、ちゃんと映画にも出てくれてます。早く観たい!

(原題 『Jersey Girl』 2004年)



rogue at 23:04│映画 【さ】・【た】 
『アンダートウ 決死の逃亡』『セレンディピティ』

© 2006 シネマな生活