『世界で一番パパが好き!』『アンダー・ザ・プラネット』

2006年06月15日

『セレンディピティ』


クリスマスムードに包まれたニューヨークで、手袋をきっかけに出会ったジョナサン(ジョン・キューザック)とサラ(ケイト・ベッキンセール)。その出会いに運命を感じながらも、お互いに恋人がいた二人は、ある方法で再会できることを願う。

そして何の手がかりも見つけられないまま数年が経ち、お互い別々の相手と幸せに過ごし、結婚も控えていた。しかしそんな時、二人の身の回りでお互いを結びつけるようなサインが次々と現れて・・・。


ジョンは、婚約者のハリー(ブリジット・モイナハン)のことも愛してるけど、サラのことも忘れられないジョナサンの複雑な心境をうまく表現していますし、ケイトは『アンダーワールド』とは180度違った、等身大の女性を演じています。本作のケイトは本当にかわいいです。この作品で彼女をとても好きになりました。現実にはとてもあり得そうにないお話ですが、この二人が演じると妙に説得力あるんですよね。果たして二人は再会することができるのか?

それと、デパート店員役のユージン・レヴィがめちゃくちゃ面白いです。ジョナサンとのやりとりも面白いですが、何といってもこの人の存在が面白い。しかもよく見てると何気に面白い仕草をしてたり。爆笑させていただきました。

(原題 『Serendipity』 2001年)



rogue at 20:27│映画 【さ】・【た】 
『世界で一番パパが好き!』『アンダー・ザ・プラネット』

© 2006 シネマな生活