『セレンディピティ』『ドグマ』

2006年06月20日

『アンダー・ザ・プラネット』


ある日、地表から溶岩が流れ出すという異常事態が発生。パーマー・ドレーク博士(リック・ロバーツ)が中心となって進めていた“地底資源探索計画(DEEP)”での掘削が原因ではないかと疑う政府。そこで政府は、大学の研究室にいるジェイク・ロリンズ博士(ルーク・ペリー)を呼び寄せる。ジェイクは元々パーマーの仲間で、掘削の危険性を早くから指摘しており、この計画には参加しなかった。

事態は一刻を争い、解決策として考えられたのが爆破によってプレートの動きを戻すというもの。意見の対立するパーマーとジェイクだが、仕方なくチームを組んで地底へと潜ることに。

『ザ・コア』そっくりな映画ですが、こちらの方がより現実的。全体の印象としてはあっさりとした仕上がり。それぞれがそれぞれに対立するといったような、人間関係の描写はよかったと思います。しかも登場人物が少ないのでわかりやすい。地底に潜ってからはお約束のようなトラブルや『アルマゲドン』的な展開もありますが、まさかあの人が最初に死んじゃうとは・・・。

(原題 『Descent』 2005年 TV映画)



『セレンディピティ』『ドグマ』

© 2006 シネマな生活