『ホット・ロッド/めざせ!不死身のスタントマン』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』

2008年11月27日

『イーグル・アイ』


テロリストと疑われた青年ジェリー(シャイア・ラブーフ)と子どもを殺すと脅されているシングルマザーのレイチェル(ミシェル・モナハン)が、謎の女からの電話の指示に従い、逃亡を繰り広げるSFスリラー。その他の出演はロザリオ・ドーソンビリー・ボブ・ソーントンマイケル・チクリスら。


アレが出てきたときは「あ~結局そういうことか~」と思いましたが、ストーリーが素晴らしすぎてがっかりしません。超シリアスで、ジェリーとレイチェルが終始険悪だったのもリアルで面白かったです。その二人に指示を出す謎の女は、追われる身となった彼らを救いながらも何かをやり遂げようとする。その複雑な状況にそそられましたし、それが命を懸けた戦いになるわけで、少し感動しました。

脇を固める俳優陣もキャラクターも素晴らしかったですが、何といってもシャイアくんが本領発揮です!彼のシリアスな演技はかなり見ごたえがありました。本当に素晴らしかったです。今まで見たシャイアくんのなかでいちばん良かったです☆

そしてジェリーの双子の兄、イーサンもシャイアくんが演じていますが、このイーサン、姿はほとんど出てこないのに、ジェリーとレイチェルの会話の中だけでもすごく存在感があります。不思議。きっとシャイアくんのキャラクター作りが素晴らしかったに違いありません。やっぱり彼は実力派。

そしてラストシーン。賛否両論あると思いますが、私はその直前にかなりのショックを受けたので、少しホッとしました。



rogue at 22:26│映画 【あ】・【か】 
『ホット・ロッド/めざせ!不死身のスタントマン』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』

© 2006 シネマな生活