『ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト』『プライド&グローリー』

2009年12月05日

『紀元1年が、こんなんだったら!?』


ジャック・ブラックマイケル・セラのコメディ。超くだらなくて、下品で、何が言いたいのかわからない作品ですけどめちゃ笑いました!その他の出演者はハンク・アザリアオリヴァー・プラットクリストファー・ミンツ=プラッセデヴィッド・クロスヴィニー・ジョーンズら。豪華です。


狩猟も採集も下手なゼド(ジャック・ブラック)が、食べることを禁止されている“禁断の果実”を食べたことから村を追い出され、同じ村で生活していた内気な青年オー(マイケル・セラ)と共に旅を続けるうちに知恵をつけていくお話。

ジャック・ブラックについてはノーコメント(笑)マイケル・セラ『スーパーバッド 童貞ウォーズ』の時と同じような感じで良かったです☆彼はこういう内気でマイペースな役が似合いますね。それにロングヘアーのセラくんは妙にかわいかったです。

なかでも特にお目当てなのは、ビル・ヘイダーポール・ラッド。二人ともチョイ役です。でもこの二人を見ることができればそれだけで満足なのであります♪ポールは相変わらず素敵☆そしてビルは今回すごかったです!うっかりしてると気づかないまま終わってしまいます。私はもちろんすぐにわかりましたけど!

オリヴァー・プラット『2012』での政府高官役が渋くてなかなかカッコよかったですが、今回のような役の方がやっぱり彼らしいかも。司祭長の役なのですが、これがただものではない!めちゃくちゃ笑わせてもらいました!!

(原題 『Year One』 2009年)



シネマな生活 at 21:52│映画 【あ】・【か】 
『ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト』『プライド&グローリー』

© 2006 シネマな生活