『ゴーストバスターズ』『ドゥームズデイ』

2009年12月30日

2009年を振り返る


今年の更新は本日が最後です。一年間、たくさんの方にご訪問いただきました。本当にありがとうございました☆

今年はいろいろと貴重な体験ができ、充実した一年でもありました。しかしながらもう人生のほとんどの運を使い果たしたと思われます。笑

ではさっそく、今年のrogue的ベスト作品を挙げます。まずは劇場鑑賞作品から。


第1位.『ウォッチメン』

みなさん覚えてますか?これ、公開されたの今年です。もう観たときからこれが今年のNO.1であると確信しました。ヒーローの本質にせまった、完全な大人向けヒーローもの。ザック・スナイダーはやっぱりセンスがいい!

第2位.『ターミネーター4』

シリーズではじめて未来が舞台となった今作。世界観は変わってもターミネーター・シリーズの基本はちゃんとおさえてあって、納得の出来栄えでした。それにとにかくマシンがカッコよすぎ!!!

第3位.『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

X-MENの人気キャラ、ウルヴァリンの誕生の秘密にせまったスピンオフ作品。ストーリーもシンプルで良かったし、アクション・シーンもGood。そしてワイルドなヒュー・ジャックマンにメロメロ♪

そしてDVD鑑賞作品。今年発売されたものに限って選びました。順位はつけずに良かったものを5つ。

『ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ』

サイモン・ペッグ主演、頑張れ!おとうさん系ムービー。元気をもらえます!。

『ラブ・ダイアリーズ』

ライアン・レイノルズ主演、正統派ラブ・コメディ。なかなか完成度の高い作品です。

『オー!マイ・ゴースト』

笑いの天才リッキー・ジャーヴェイス主演、ハートフル・コメディ。とにかく笑えます♪

『ザ・フォール/落下の王国』

リー・ペイス主演。映像美とアレクサンドリアちゃんのかわいさがハンパじゃない!

『変身』

今年もっとも衝撃を受けた作品。※来年3月には森山未來くん主演で舞台化されます。

改めて振り返ると、今年はジョセフ・ゴードン=レヴィットライアン・レイノルズにハマりましたね!ジョセフくんにハマったきっかけは『ルックアウト/見張り』。観たのは今年の初めぐらいだったかな。『マッチポイント』とは180度違うマシュー・グードが見たくて借りたのですが、すっかりジョセフくんにハマってしまいました。もちろん“悪い”マシュー・グードも素敵です☆ ライアン・レイノルズにハマったきっかけは何だったか忘れた!笑

女優さんだとタンディ・ニュートンが良かったですね。『ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ』ではキュートなシングルマザー、『ロックンローラ』では悪事を働く会計士、『2012』では大統領の娘と、まったく違う顔を見せてもらいました。『ロックンローラ』での悪女ぶりが、個人的にはツボでした♪今後とも注目したい女優さんです。

来年の目標は、極力お酒を控えること。笑 それではみなさま、風邪などひかぬよう、よいお年をお迎えくださいませ。来年もよろしくお願いします!



rogue at 00:33│特集 
『ゴーストバスターズ』『ドゥームズデイ』

© 2006 シネマな生活