『永遠のこどもたち』『ヒットマンズ・レクイエム』

2010年01月19日

『ドッジボール』


さびれたスポーツジムを買収の危機から救うべく、オーナーと常連客の奮闘を描いたスポーツコメディ。

人生に目標を持たず、毎日なんとなく過ごしているスポーツジムのオーナー、ピーター(ヴィンス・ヴォーン)が常連客と一致団結し、ジム再建に必要な5万ドルを手に入れるため、ドッジボール大会で優勝を狙う。

うまくいきすぎな部分も多いけど、こういうの楽しいしスカっとする!超マイペースなピーターが少しは変わるのかと思いきや、いい意味で変わらなかったのが良かった!最後はとても素敵でした☆


ピーターのジムの向かいにあるホワイト(ベン・スティラー)が経営するジムは、最新の器具や優秀なインストラクターが揃っていてこれはこれで魅力的。でもピーターの経営するジムはアットホームな雰囲気があっていいんですよね。

ピーターと一致団結する常連客はこれがまたシケた連中なのですが、ピーター同様ドッジボールを通じてみなそれぞれ自分の問題を解決していくところもいいです。やっぱジャスティン・ロングはかわいいですね~☆ 今回は“当たり”役です。とにかくいろんなモノが彼に当たってました(笑)。

今作の主役はヴィンス・ヴォーンですが、やはりベン・スティラーに圧倒されますよ。時代遅れのヘアスタイルやファッションなど見た目だけでもイヤな上に、言ってることすべてがサムいから本当にうっとおしくて(笑)。超勘違い野郎といったところでしょうか。ベンの徹底して濃い~ぃ悪役ぶりは必見です!

後半、ドッジボールの世界大会で解説員として登場するジェイソン・ベイトマン。彼の“意味不明な”解説が個人的にはツボでした♪この人もほんと多才ですよね。ますます好きになりました☆そして同じく世界大会のシーンでは、なんとウィリアム・シャトナーも登場します。

(原題 『Dodgeball: A True Underdog Story』 2004年)



rogue at 22:48│映画 【さ】・【た】 
『永遠のこどもたち』『ヒットマンズ・レクイエム』

© 2006 シネマな生活