『運命のボタン』『処刑人II』

2010年05月23日

『恋するポルノグラフィティ』


zackandmirimakeaporno_1.jpgルームメイトとして一緒に暮らしている幼なじみのザック(セス・ローゲン)とミリー(エリザベス・バンクス)。しかし生活は苦しく、ついに電気と水道を止められてしまう。切羽詰った二人は、一儲けしようとポルノ映画の製作にのりだすのだが・・・。

親友としてつきあってきた男女が、お互いの愛に気づくロマンチック・コメディ。ケヴィン・スミス監督作品で、その他の出演者はクレイグ・ロビンソンジェイソン・ミューズブランドン・ラウスジャスティン・ロングら。





純粋に親友として一緒に暮らしてきたザックとミリーが、○○○シーンの撮影を控えて妙にギクシャク。そして撮影後はさらにギクシャク。映画製作は生活のためと自分たちに言い聞かせてきたものの、もうこれまでのような関係ではいられなくなるふたり。

“親友が恋人に変わる”、よくあるネタなんですが、これは本当に面白かった!自分の気持ちに気づくきっかけがポルノ映画撮影というのがなかなか面白いわけですよ。物語の柱であるザックとミリーの関係や心境がきっちり描かれていて、とてもしっかりした作品です。過激な?シーンも多少はありますが、全然いやらしくないんですよね。


zackandmirimakeaporno_2.jpgセス・ローゲンエリザベス・バンクスも、いままで見たなかでいちばんよかったです。セスはなぜかカッコよく見えるし、なによりエリザベスがとてもキュート☆ちょっとアホっぽく見えるときもあれば知的に見えるときもあって、とても魅力的ですよ。

また、ただの寄せ集めみたいなメンバーが次第に一致団結していくところもなかなか見ごたえアリ。映画製作に真剣に取り組んでる姿は見ていて清々しかったです。みんなでひとつのものを作り上げるっていいですよね。

この映画の原題は『Zack and Miri Make a Porno』。「で、ポルノ映画はどうなったの?」という終わり方なのですが、エンドロールの途中に続きがありますのでお見逃しなく!納得の結末ですよ。

ところで、今回はスーパーマンことブランドン・ラウスにハマってしまいました~☆彼はザックとミリーの同級生で、ミリーが好きだった男の役。チョイ役なんだけど、めちゃカッコいいの!!!超ハンサムで超イケてます♪それにかわいらしさもあってとても素敵でした♪スーパーマンのイメージがすっかりなくなったわ。そんなブランドンがエンドロールの途中で再登場したのは嬉しかったです~。


scottpilgrimvstheworld_1.jpg『スーパーマン リターンズ』以降、ブランドンはアメリカでは着実にキャリアを積んでいるみたいですね。新作でも気になるのがいくつかありますが、エドガー・ライト監督の『Scott Pilgrim Vs. The World』がいちばん気になります♪人気グラフィックノベルを映画化した作品で、マイケル・セラクリス・エヴァンスらが出演。ブランドンがこれまたまったく違う雰囲気なんですよね~。楽しみ♪日本での公開は何月になるんだろう???

(原題 『Zack and Miri Make a Porno』 2008年)




rogue at 23:43│映画 【あ】・【か】 
『運命のボタン』『処刑人II』

© 2006 シネマな生活