2010年を振り返る『アンストッパブル』

2011年01月03日

『クルーソー』


crusoe_1.jpgみなさま、新年あけましておめでとうございます♪今年もどうぞよろしくお願いします!!

さて、今年最初の記事はこれ。年末にBS11にて一挙放送された『クルーソー』(全12話)。1~4話を見のがしてしまったとはいえ、これがめちゃくちゃ面白かったです。かなりアレンジされた内容のようですが、『ロビンソン・クルーソー漂流記』を読んだことがない私にとっては(でも大まかな話は知ってるよ)、そんなことどうでもよいのです。

ちなみにこの作品は、1月19日にDVD-BOXが発売、2月2日にレンタルが開始されるということで、すごく楽しみです♪みのがしたエピソードをしっかり観るぞ!




冒険のため、妻子を残しイギリスを旅立ったクルーソー。船が遭難し無人島で過ごすことになった彼と、そこで出会うフライデーとの友情をベースに、さまざまな敵と戦う様子が描かれた本作。アクションはもちろん、サスペンスやロマンスなどいろんな要素が盛り込まれ、実に見ごたえのあるドラマでした。久しぶりにワクワクしたな♪『パイレーツ・オブ・カリビアン』とちょっと雰囲気が似てるところもあり?

出演者がこれまたいい。まずクルーソー役には『サンダーバード』のスコット兄ことフィリップ・ウィンチェスター(久しぶり!)。彼がおじと慕うどっかの金持ち(←なんせ最初を見のがしたからね。笑)役にサム・ニール、クルーソーの父親役にはショーン・ビーン、そしてクルーソーの妻には『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』『ミュータント・クロニクルズ』アンナ・ウォルトンなど。私好みです。


crusoe_2.jpgcrusoe_3.jpg


まずクルーソーとフライデーの暮らすツリーハウス。これがめちゃ素敵なんですよね~☆さまざまな仕掛けがあって楽しいし、ほんと住んでみたい!ワクワクするわ。それに本当の島で撮影したというだけあって、どのシーンをとっても迫力満点。川や滝など、景色も最高に美しいです。そしてクルーソーとフライデー。本来ならフライデーが奴隷となるところですが、二人は対等の立場で、熱い友情で結ばれています。二人で協力してさまざな困難に立ち向かう姿もGood。クルーソー、ほんといいヤツ!!!

クルーソーは母国イギリスへ戻ることができるのか。ここが最大の見どころですよね。中盤、イギリスへ戻るまたとないチャンスが巡ってきますが、話が二転三転、ハラハラドキドキです。またクルーソーがおじと慕うジェレマイア(サム・ニール)も、実は彼の命を狙っています。果たしてその理由とは?すべての謎は最終話で明かされます。最終話とひとつまえのエピソード(第11話)は特に面白いですよ~。


crusoe_4.jpgところでクルーソー役のスコット兄(フィリップ・ウィンチェスター)、ほんとさわやかでカッコよかったです。『サンダーバード』のときは何とも思わなかったんですけどねぇ。胸板の厚さが絶妙だし、スタイルも抜群!クルーソーの衣装がめちゃ似合ってて、ほんと素敵でした~☆(個人的には紺色のシャツを着たスコット兄がツボ。)ていうか、そもそもスタイル抜群じゃないと、あの国際救助隊のユニフォームは似合わないか(笑)



(原題 『Crusoe』 2008-2009年)




rogue at 00:04│海外ドラマ(TV) 
2010年を振り返る『アンストッパブル』

© 2006 シネマな生活