『ビッグバン★セオリー』 シーズン3 放送決定!『かぞくはじめました』

2011年07月17日

『刑事ヴァランダー』 シーズン1


wallander_1.jpgケネス・ブラナートム・ヒドルストン『マイティ・ソー』コンビが共演するミステリー、 『刑事ヴァランダー』。そのシーズン1(全3話、各90分)が7月8日にリリースされたので、さっそく鑑賞。

スウェーデンの作家ヘニング・マンケルの人気シリーズをイギリスBBCがドラマ化したもので、物語の舞台はスウェーデンのイースタ。WOWOWでの放送時は『刑事ヴァランダー 白夜の戦慄』というタイトルだったようです。主人公ヴァランダーを演じるのがケネス・ブラナー。彼の目線で描かれた物語ですが、謎が謎を呼ぶ展開と、このヴァランダーという人物に引きこまれ、一気に観てしまいました。「ミステリーもの」としては久々に面白かったです。




第1話 「目くらましの道」
美しい菜の花畑に潜む少女。ヴァランダーが声をかけると少女はなんと焼身自殺をする。ヴァランダーは少女が付けいてたペンダントから身元を調査することに。その後、元法務大臣が惨殺される事件が発生する。彼は頭を殴打され、頭皮の一部が剥がされていた。その後も次々と残忍な殺人事件が起こるのだが、果たしてこれらの事件の繋がりとは。

第2話 「混沌の引き金」
金銭目的でタクシー運転手を殺害したとして、二人の少女が逮捕される。しかし少女のひとりが留置所から逃走。ヴァランダーたちは少女の行方を追うが、少女は遺体となって発見される。

第3話 「友の足跡」
コスプレパーティーを楽しむ若い男女が森で殺害される。そして何か悩みを抱えていたヴァランダーの同僚、スヴェードベリが自宅で遺体となって発見される。スヴェードベリはどうやら森で殺害された男女の行方を追っていたらしい。果たしてスヴェードベリが掴んだ事実とは。

少女が焼身自殺するというショッキングなシーンで始まるこのドラマ。でも第1話は正直あまり面白くなかったような?最近では『X-MEN ファースト・ジェネレーション』に出演している、ニコラス・ホルトくんがゲスト出演しているという以外はあまり印象に残りませんでした。


wallander_2.jpgwallander_3.jpg


ところが第2話、第3話はすごく面白い!第2話では、タクシー運転手殺害事件をきっかけに恐るべき事実が判明します。まさかの展開でハラハラドキドキ。あらゆるシーンやセリフにヒントが隠されていて、何気ないことが真相解明に繋がるという点がすごく面白かったな。第3話ではヴァランダーが亡くなった同僚の足跡を追ううちに、あらゆる事実が明らかになります。ヴァランダーは、これまで知らなかった同僚の姿に複雑な思いを抱きつつも事件を解決へと導きます。どれも切ないエピソードですが、私はこの第3話がいちばん印象に残りました。

もうひとつの見どころであるヴァランダーのキャラクターについて。彼は気難しく、ちょっと近寄りがたい雰囲気。でも真摯に相手と向き合い、事件を解決する姿がGood。ケネス・ブラナーのそういった部分の細やかな表現が素晴らしい!またヴァランダーは、父親(デヴィッド・ワーナー)とのギクシャクした関係、別居中の妻との関係、娘との関係など私生活でも問題を抱えていますが、そういったことも事件に深く関わってくるのがなかなか面白かったです。特に第3話の娘とのエピソードが印象的。


wallander_4.jpgwallander_5.jpg


そしてお目当てのトム・ヒドルストン。彼はヴァランダーの部下マーティンソン役。デスクワークが多いかと思えば、現場でビシっとキメる時もあったりでカッコよかったです☆でもちょっぴりヴァランダーに振り回されてる感のあるキャラでしたね。ボソッとイヤなこと言ったり、露骨にウザそうな顔をするところがウケた(笑)トムの表現力はツボ。かなり好きなタイプの俳優さんだな。『マイティ・ソー』への出演も、やはりケネス・ブラナーに実力を認められたからこそですよね。

ちなみに『刑事ヴァランダー』 シーズン2は8月5日発売です♪

(原題 『Wallander』 2008年 TVシリーズ)




rogue at 21:36│海外ドラマ (DVD) 
『ビッグバン★セオリー』 シーズン3 放送決定!『かぞくはじめました』

© 2006 シネマな生活