『怪盗グルーの月泥棒』『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 3D

2011年10月21日

『THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル』 シーズン2 感想


thementalist2_1.jpgサイモン・ベイカー主演のミステリー、『THE MENTALIST/メンタリスト』。そのシーズン2が今週最終回を迎えました。本当に好きなドラマなので、今とてもさびしいです。シーズン2ではまずリズボン(ロビン・タニー)のチームが“レッド・ジョン”の事件からはずされることになり、パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)がCBIを辞める!と言い出すところからスタート。もちろん辞めるわけがありません(笑)


彼らに代わって“レッド・ジョン”事件を担当することになるのは、リズボンの元上司ボスコ。序盤はジェーンさんたちとボスコのやりとりを交えながら物語が進みます。劇的な展開もあってちょっと怖かったな。“レッド・ジョン”の手先がこんなところにも!?という感じでした。

以下、長文です。すみません。




“レッド・ジョン”はさておき、通常の捜査エピソードはやはりどれも面白かったです。特に第10話以降がめちゃ面白い!まず第10話~15話では、ジェーンさんが事件をきっかけに自分の少年時代を思い出しちゃったり(第10話)、“人間の本質は変わらない”がキーワードの「同窓会」エピソード(第11話)、またジェーンさんが文字通り“暴走”するエピソード(第13話)なんかが印象的。チョウ(ティム・カン)にスポットが当てられた第14話も忘れてはいけませんよね。チョウの私生活や過去が明らかになったりで非常に興味深かったです。しかもこのエピソードでは男性陣が大活躍!シーズン1でもチョウのエピソードがありましたが、それも第14話だったような?

そしてシーズン2で最も印象に残っているのが第16話。生物兵器の解毒剤を研究する施設で起こるバイオハザードの物語。ジェーンさんとリズボンの目の前で女性研究員が亡くなるという前代未聞のこの事態。これまでにない展開で非常に面白かったです。ジェーンさんはいつも犯人に対して罠を仕掛けるのですが、今回ばかりはさすがにやりすぎです(笑)またこの回のゲストはトニー・カラン。ジェーンさんと対立する管理局のお役人さんの役。二人のやりとりも面白かったですよ~。


thementalist2_2.jpgthementalist2_3.jpg


終盤、第17話ではリズボンのチームに新しいボスがやってきます。今回は女性。若干ウザい?キャラにも感じますが、まだまだわかりませんね。第18話ではヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)たちが負傷した女性を偶然助けるのですが、彼女は記憶を失っており・・・。彼女が記憶を失った理由も悲しいし、なんだかやりきれない思いが残るエピソードでした。ゲストはウェス・ステューディ

第19話ではジェーンさんのいつもの何気ない行動が、殺人犯を無罪にしてしまいます。この展開はマズいですよ。いろいろありすぎて、リズボン疲れきってた(笑)ジェーンさん、ちょっとは反省したかな。第21話は天才数学者がピエロに殺害されるエピソード。彼は生前、ある「危険な装置」の開発に関わっていたことが判明。人類を滅亡させるかもしれない?その「危険な装置」の行方は・・・。これもなかなかいいエピソードでした。

第22話には、シーズン1で登場した女性霊能力者、クリスティーナが再登場。再登場と言っても、私このクリスティーナというキャラはまったく記憶にございません!そんなまったく記憶にないキャラがここで出てくるなんて、もう“レッド・ジョン”の手先としか思えないんですけど?そして最終話の第23話では、またしても“レッド・ジョン”の犯行と思われる事件が発生。終始落ち着かない様子のジェーンさん。果たして彼は“レッド・ジョン”の正体を突き止めることができるのか。内容には詳しく触れませんが、いろいろ想像が膨らむ最終回であったことは確かです。


thementalist2_4.jpgthementalist2_5.jpg


シーズン1では「癒し系ミステリー」な雰囲気だったこのドラマも、シーズン2からは「本格ミステリー」の雰囲気もプラスされてさらに満足度UP!中盤以降はより一層安定感を感じ、これまでになかった展開のエピソードもあって、今後がますます楽しみになりました。海外ドラマはたいていシーズン2で飽きるんですけど、これは回を追うごとに面白くなっていきそうな予感☆

サイモン・ベイカーの笑顔は相変わらず素敵で、彼が演じるジェーンさんとリズボンとのやりとりも本当に面白い。この二人、恋人のようだったり、兄妹あるいは姉弟のようだったり、親子のようだったり。でも親友って言葉がいちばんしっくりくるように思います。バイオハザードネタの第16話での二人がいろんな意味で印象的でした。ジェーンさんのリズボンに対する友情と愛情を感じましたね。

それとリグスビー(オウェイン・イオマン)とヴァンペルトの関係。シーズン1ではやきもきさせられましたよね。シーズン2においてもこの二人の関係は要注目です。またヴァンペルトが立派な捜査官へと成長しつつあるところにも注目。チョウは相変わらずCOOLですよ。この人はやっぱり「受け流す」ってことを知ってますね。カッコいいです。

シーズン3の放送はまた来年の春ぐらいかな。早く観たい!ちなみに『THE MENTALIST/メンタリスト <セカンド・シーズン>』 DVDは、2011年12月28日発売&レンタル開始です。




rogue at 16:37│海外ドラマ(TV) 
『怪盗グルーの月泥棒』『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 3D

© 2006 シネマな生活