Happy New Year ♪『LAW & ORDER』 シーズン18 第10話~第18話

2012年01月04日

海外ドラマベストテン 2011


先日も書いたように、昨年は一段と海外ドラマにハマった一年でした。とはいえ、本気で鑑賞した海外ドラマは20弱くらい。かなり少ないと思います。今日はそんな中から「海外ドラマベストテン 2011」を発表したいと思います。

lawandorder_1.jpg第1位 『LAW & ORDER』 シーズン18 (現在、シーズン19放送中)

多くの犯罪捜査ドラマのお手本となった長寿番組。前半は警察が舞台、後半は検察・法廷が舞台のドラマです。スピンオフも数々誕生していますが、昨年この本家『LAW & ORDER』の放送が決まったときは本当に嬉しかったです。

クオリティの高さではダントツのNO.1。アメリカ社会の現実を描いた、非常にリアリティのあるドラマです。ムダな描写が一切なく、かといって淡々としているわけではないのがいいし、感情的ではないという点もいいですね。またどのエピソードも映画化できるんじゃない?と思ってしまうほど内容が濃いです。そして俳優陣は実力派ばかり。これを観てしまうと他の犯罪捜査ドラマなんてもう・・・?





thementalist2_1.jpg第2位 『THE MENTALIST メンタリストの事件ファイル』 シーズン2 (TV鑑賞)

サイモン・ベイカー主演のミステリー。選んだポイントはクオリティの高さとサイモンの笑顔(笑)癒し系要素と本格ミステリーの要素がうまくミックスされたなんとも不思議な?ドラマですが、脚本やキャラクターに安定感を感じましたし、非常に面白かったです。未見の方も、サイモンの少年のような笑顔にノックアウトされること間違いなし!




chuckseason3_1.jpg第3位 『CHUCK/チャック』 シーズン2 (TV鑑賞) (現在はシーズン3放送中)

オタクが世界を救う?ザカリー・リーヴァイ主演のスパイアクションコメディ。2011年、最も気楽に観れるドラマだったような。でもクオリティの高さは言うまでもありません。とにかくシリアス、アクション、コメディのバランスがGood。先日シーズン3が始まったばかり。ブランドン・ラウスをゲストに迎えたシーズン3はいったいどのような展開になるのでしょうか。




bigbangtheoryseason3.jpg第4位 『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』 シーズン2 (TV鑑賞)(現在はシーズン3放送中)

オタク男子の日常を描いた全米でも大ヒット中のシットコム。ジム・パーソンズが2年連続エミー賞主演男優賞を受賞した本作、私にとってはシットコムのなかでも5本の指に入る面白さ。毎エピソード、大爆笑です。それに“アメコミ”ネタや“スター・トレック”ネタが多いのも嬉しいですよね♪我こそはオタクだ!という方、これを観て爆笑して下さい(^_^)




burnnotice.jpg第5位 『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』 シーズン4 (TV鑑賞)

CIAを解雇された男が人助けをしながら復職への道を探る、ジェフリー・ドノヴァン主演のスパイアクション。シーズン3からなんとなく観はじめたのですが、これがハマる!シーズン4ではジェシー(コビー・ベル)という新キャラが登場。正直最初は違和感ありましたが、見事な展開で面白かったです。シーズン4 DVDは1月7日発売です。




castle_45a.jpg第6位 『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』 シーズン2 (TV鑑賞)

人気作家が事件を解決に導く?ネイサン・フィリオン主演のミステリー。主人公キャッスルと彼を取り巻く刑事たちの会話が面白いドラマです。刑事ものですが、コメディ色が強いような。私は完全にコメディだと思っていますけど(笑)ただちょっと気になるのは、脚本にムラがあるということ。シーズン3はもっと安定してるといいな。




ncisla.jpg第7位 『NCIS:LA 極秘潜入捜査班』 シーズン2 (TV鑑賞)

クリス・オドネル×LL・クール・J共演の犯罪捜査ドラマ。『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のスピンオフです。なんでもLAが付くと華やかになりますよね。この『NCIS』も本家より「LA」の方が好きです。シーズン1より2の方が断然面白い!その理由はディークス(エリック・クリスチャン・オルセン)の加入によるところが大きいのではないでしょうか。




wallander_1.jpg第8位 『刑事ヴァランダー』 シーズン1&2 (DVD鑑賞)

ケネス・ブラナー×トム・ヒドルストン『マイティ・ソー』コンビが共演した、人気小説が原作のミステリー。主人公ヴァランダーの目線で描かれた物語ですが、謎が謎を呼ぶ展開とヴァランダーという人物に引き込まれるドラマ。ミステリーものとしてはかなり面白かったです。原作小説もいま読んでいるところです♪




crusoe_1.jpg第9位 『クルーソー』 (TV&DVD鑑賞)

『サンダーバード』のスコット兄さんことフィリップ・ウィンチェスターがロビンソン・クルーソーに扮したアドベンチャー。かなりアレンジされているようですが、サスペンスあり、ロマンスありで“いっき見”できる面白さ。クルーソーのツリーハウスも素敵でしたよね。そして、クルーソーの肉体美も重要なポイント。




sherlock.jpg第10位 『シャーロック』 シーズン1 (TV鑑賞)

イギリスBBCで放送された大ヒットドラマ。現代風にアレンジされた「シャーロック・ホームズ」ですが、スタイリッシュな演出がなかなかよかったです。ベネディクト・カンバーバッチさん演じるホームズもいい味だしてましたが、最終的には“セルフレジを使いこなせない”ワトソン(マーティン・フリーマン)にノックアウトされました!



今年はどんな海外ドラマにハマるのか。いずれにしても、“いまの楽しみは【ビール】と【ドイツサッカー】と【海外ドラマ】”という状況はしばらく続きそうです(笑)




rogue at 20:03│特集 
Happy New Year ♪『LAW & ORDER』 シーズン18 第10話~第18話

© 2006 シネマな生活