『レッド・バロン』『ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活 <1週間限定>』

2012年01月19日

クセがあってクセになる俳優さん


好きな俳優さんをジャンル分け!?わたくし、クセのある俳優さん(よく言えば個性的?)が好きなことは重々承知しておりますが(笑)、今日はそれをちょっとまとめてみました♪

◆注目の俳優◆


actor_1.jpgマイケル・ウェストン

いま最も気になる俳優さん。『バーン・ノーティス』 シーズン3のゲスト出演がきっかけで気になり始めました。第5話でエイリアンがどーのこーのと言ってた人です。マイケル(ジェフリー・ドノヴァン)があの依頼を受けたのもびっくりですが(笑)、それ以上にマイケル・ウェストンの個性的な演技に釘付け。


その時からすっかり彼の虜になってしまい、『ドクターズ・ハイ』もこの人目当てで鑑賞。まさに“クセのある演技”ができるという点でかなりのわたし好み。ぶっ飛びぶりが好きです。 『Dr.HOUSE』にも数話出演しているということで、もうすぐ再放送が始まるシーズン6でしっかり確認しようと思います♪




◆とにかく濃い系◆


actor_2.jpgジェマイン・クレメント

『Mr.ゴールデン・ボール/史上最低の盗作ウォーズ』で初めてお目にかかった俳優さん。この人自身も、そしてキャラも「とにかく濃い!」というのが第一印象。最初は正直嫌悪感を抱きましたが、映画を観終わるころには不思議と「もっと見たい!」という気持ちに。もうひとつの出演作『奇人たちの晩餐会 USA』ではさらに?濃いです。でもこの濃さ、病みつきになりますよ~。




actor_3.jpgサム・ウィットワー

初めて見たのは『ミスト』。彼の第一印象も「とにかく濃い!」でした。意外とどんな役でもこなせる俳優さんですけど、顔の濃さが先行してしまう印象かな。でも色気があっていいですよね。どう見ても?狼男の雰囲気な彼がヴァンパイア役で出演している『Being Human』、このドラマのサムはあまり“濃さ”を感じさせず、めちゃいい感じです。色気全開!でもやっぱ濃いかも(笑)




◆キモさのなかにかわいさあり◆

ビル・ヘイダージョン・ヘダージミ・シンプソンジョエル・デヴィッド・ムーアザカリー・リーヴァイ


actor_4.jpgactor_5.jpgactor_6.jpg


actor_7.jpgactor_8.jpg


コメディ俳優の分野ですね。ビル・ヘイダーはわたし的にはもう下火なんですけど、他の俳優さんは未見の作品がたくさんあるので引き続き注目していきたいと思っています。マイブームはジミ・シンプソン。今月から放送が始まったドラマ『ブレイクアウト・キング』(FOX)では、ちょっぴりキモくてちょっぴりかわいい囚人を演じています。正直、彼が出てなかったら観てないわ、このドラマ。

あと“かわいさ”という点ではジョエル・デヴィッド・ムーアはちょっと違うかも。彼の場合は“カッコよさ”かな。『アバター』ではウソのようにカッコよかったですよね。ザカリー・リーヴァイは“キモさ”と“かわいさ”と“カッコよさ”を兼ね備えてる、絶妙な俳優さん!それとこの分野に属す俳優さんに関しては、意外にも第一印象はみな「カッコいい!」でした。私の思う“カッコよさ”って微妙~(笑)


◆たぶんフツーに男前だと思う系◆

ウェス・ベントリーシャールト・コプリージェレミー・シスト


actor_9.jpgactor_10.jpgactor_11.jpg


たぶんハンサムなんだろうけど、ちょっとクセがあって万人受けするタイプではないかなと思う俳優さんたち。私のハンサムの基準も、これまた微妙~(笑)


ちなみに“クセがある”俳優として忘れてはならないのが、ジョヴァンニ・リビシ。意外にもジャンル分けが難しいのでありました・・・。




rogue at 10:08│特集 
『レッド・バロン』『ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活 <1週間限定>』

© 2006 シネマな生活