『There Be Dragons』『セレブリティ・ファイル/スタートレックの艦長たち』

2012年04月27日

『CHUCK/チャック』 シーズン3 第14話~第19話 感想


chuckseason3_7.jpg2011年の年末から放送が始まった『CHUCK/チャック』 シーズン3も、先日放送が終了しました。お疲れさまでした~☆とりあえず、エピソード別の感想とまとめを。

第14話。将軍の命令を無視しパリを楽しむチャック(ザカリー・リーヴァイ)とサラ(イヴォンヌ・ストラホフスキー)。スパイを辞めることを決意する二人だったが、列車のなかでテロリストと遭遇し・・・。モーガン(ジョシュア・ゴメス)の“チャック捜索能力”のすごさとか、モーガンの海外初体験とか、カフェでのチャックとサラのコンビプレーとか、見どころ満載のエピソードでした。いちばんウケたのはケイシー(アダム・ボールドウィン)がチャックとサラの前に登場するところ。これが実にいいタイミング!そして今回もケイシー大佐があの名言を!・・・「もう民間人なのだから」(笑)




第15話。晴れて公認のカップルとなったチャックとサラ。今回二人はCIAが誇るスーパー一流カップルと組んで任務にあたることになるのだが・・・。二人のお手本として登場する先輩カップル。まああの展開は予想できたけど、それよりネコアレルギーなチャックの前に登場した“アレ”がめちゃ怖かった~。それとモーガンの訓練を言いつけられたケイシーは案外楽しそう♪そして国境なき医師団に参加しアフリカへ渡ったお見事兄さん(ライアン・マクパートリン)とエリー(サラ・ランカスター)にも悪の手が・・・。


chuckseason3_10.jpgchuckseason3_11.jpg


第16話。夢のなかでデータがよみがえったチャック。しかし話を信用してもらえず、インターセクトの副作用が出始めたと判断されたチャックは精神科病棟に入れられてしまう。果たしてチャックの夢は現実のものとなるのか・・・。またチャックの夢のなかにショウ(ブランドン・ラウス)がたびたび出てくるのですが、今後何かありそうですね。今回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクこと、クリストファー・ロイドがゲストで登場!そしてバイモアにも懐かしいあの人が登場します!それとわけあってアフリカから帰国したお見事兄さんとエリー。エリーが危ない!

第17話。チャックパパ(スコット・バクラ)再登場!エリーを利用しチャックパパを見つけ出したリング。しかしチャックパパもそう簡単にはつかまらないのが面白いじゃないですか。このエピソードはさほど大きな展開はなく、ラスト2話の序章といった感じ。面白かった点はまずケイシーによるサラの取り調べ。可笑しかったです。チャックの不機嫌な顔が面白い!次にジェフスター、コンビ解消の危機。そして今回いちばんウケたのはモーガンによるお見事兄さんの取り調べ。「俺、アイツになら抱かれてもいいわ。」とモーガンに言わしめたデヴォン(お見事兄さん)の素敵すぎる話とは?いや、私も抱かれたいと思った。(笑)


chuckseason3_12.jpgchuckseason3_13.jpg


第18話第19話(最終話)。あのお方が再登場します!まあお約束ですよね。そしてチャックとリングの全面対決。ベックマン将軍(ボニータ・フリーデリシー)にも危険が及ぶなど、事態はかなり深刻に。でも「不可能を可能にしてこそ一流のスパイ」。チャック、カッコよかったです。内容についてはこれ以上詳しくは触れませんが、ただリングとの全面対決という部分においては物足りない感じだったというのが正直なところ。でも最後の舞台がバイモアだったのはよかったな。バイモア、いったいどうなってしまうのでしょうか~(汗)そして、チャックパパからのラストメッセージ。衝撃の事実も明らかになりましたが、早くも次の展開(シーズン4)が待ち遠しいです♪

ちなみにこのラスト2話でも笑いどころはたくさん♪嫁の不倫疑惑に落ち込むお見事兄さんとか(←かわいすぎ!)、ケイシーの車がすご過ぎるとか、PVが酷すぎるジェフスターとか(笑)。でも最高だったのはやはりモーガンでしょう。ケイシーとのやりとりはほんと面白いですよね。ケイシーにいじられるモーガン最高!ナイスコンビです!

全体を振り返ると、シーズン2よりシーズン3の方が断然面白かった!そして今シーズンは特にモーガンがよかったですね♪またチャックとサラが公認のカップルになってしまったらもう何も面白いことはないと思いきや、これはこれでウケます。チャックの“基本、サラ頼み”な姿勢は変わりませんから(笑)新たな展開を迎えても、やっぱりこのドラマの面白さは変わらない!




rogue at 16:32│海外ドラマ(TV) 
『There Be Dragons』『セレブリティ・ファイル/スタートレックの艦長たち』

© 2006 シネマな生活