『New York 結婚狂騒曲』素敵なおじさま リード・ダイアモンド

2014年05月13日

『オーバードライヴ』


snitch.jpg運送会社を営むジョン(ドウェイン・ジョンソン)は、離れて暮らす息子ジェイソン(ラフィ・ガヴロン)が麻薬密売の容疑で逮捕されたとの知らせを受ける。親友にハメられ逮捕されてしまったジェイソン。売人を密告すれば刑が軽くなることから、ジョンは息子に代わって売人の逮捕に協力することになる。

無実の息子を救うために命を懸けて麻薬密売組織に挑む父親の姿を描いた作品。その他の出演はバリー・ペッパージョン・バーンサルマイケル・ケネス・ウィリアムズメリーナ・カナカレデスベンジャミン・ブラットスーザン・サランドンら。

実話から生まれた物語なんだそうですが、なんとも理不尽で憤りを覚えます。先に捕まった親友が自分の罪を軽くしたいがためにジェイソンを陥れるわけですが、ほんとにでっち上げ以外の何ものでもないわけで・・。




“取引” は売人を芋づる式に逮捕できるというメリットもあるけど、一方でこういった冤罪を生む危険性もあり、疑問を感じずにはいられませんよね。無実の人間を救うためにここまでしなくちゃならないなんて、酷すぎます。

自分の会社の従業員で麻薬密売の前科を持つダニエル(ジョン・バーンサル)を通じて組織とつながるジョン。今は新しい家族と幸せな家庭を築いているジョンですが、愛する息子のためならどんな危険も覚悟の上。また今や更生し、家族のために真面目に働いているダニエルも難しい立場に立たされることになります。しかし家族のために決着をつけたい思いは同じ。彼らの人生をかけた戦いは果たして・・。

連邦検事(スーザン・サランドン)や捜査官(バリー・ペッパー)の協力があるとはいえ、ジョンがたったひとりで組織に潜入するところはスリル満点。しっかりとしたストーリーに引き込まれますし、一筋縄では行かない感じもGood。キャラクターもみなそれぞれに存在感抜群で、実に見ごたえのある作品でした。そして我々観ている側にさらに疑問を投げかけるラストが印象的です。

キャストは実力派揃い。主役を食う勢いのジョン・バーンサルはもちろんのこと、組織のボスを貫禄たっぷりに演じているベンジャミン・ブラットもかなりCOOL。でもやはり注目すべきは息子ジェイソン役のラフィ・ガヴロン。人生が一転してしまった恐怖を繊細に演じる彼に目を奪われました。『インクハート/魔法の声』のファリッド役や、『ROME[ローマ]』でのあの役なども非常に印象的でしたし、多才な俳優だなと思います。ラフィ・ガヴロンは今後注目すべき若手俳優のひとりではないでしょうか。

(原題 『Snitch』 2013年)




rogue at 21:09│映画 【あ】・【か】 

この記事へのコメント

1. Posted by    2014年05月15日 15:11
rogueさん こんにちは♪(^∇^)/
GWはいかが過ごされましたか?
この作品は公開前の予告を何度か映画館で観たのですが(多分これだった・・・)
アクションやらヴァイオレンスやらに「うぎゃああ!」となってました。
ドウェイン・ジョンソンが出た時点で「あ、ビビるかも?」と思って。
でも、ストーリーは息子の為に闘う父という感動的なものだったんですね。
映画って観てみないとホントに分かりませんね。
前回お邪魔した時のrogueさんのコメが深く心に残って
(ホントに好きなのは誰かなってお話♪)
GW中、映画館でも録画やDVD観ながらもずっと頭に浮かんでました。
たまたまシアター鑑賞したヒュー・ジャックマンの映画を観てて
そんな事考えたからなのか?主役のヒューじゃなくて(笑)
準主役だったジェイク~~~♪♪への愛が再炎上!(爆!)
昔 私のTOP5だったジェイク・ジレンホールなんですけど~。
もう、リーでもキューちゃんでもエドでもなくて
(エド出演のウェス・アンダーソン作を来月観る予定♪)
ジェイクですよ。ま~ど~しましょ?状態ですが、
暫く(おらが村にジェイク出演作来たのが2年半ぶりかな?)
会わなかったので遠かったんですが一気に気持ちが・・・。
何せ今年観たリーはホビットのアレ(笑)ですからね、
リアルな刑事役を演じたジェイクに柔道の試合みたく旗上げちゃいました。
ちなみにこの映画は『プリズナーズ』です。
サスペンス物としてもよく出来たストーリーでした。
相変わらず観たい映画が来ない「おらが村」ですので、
次第にシアターへ出かける回数もとんと減りましたが、
住いの近くにGEOができたのでレンタルする機会が増えました。
rogueさんの作品情報を楽しみに参考にいたします♪
2. Posted by rogue   2014年05月17日 21:06
湛さん! こんばんは♪
またまたちょっぴりご無沙汰してしまってすみません。
GWは「安近短」レジャーを満喫しましたよー。
去年はお金を使いすぎたので、今年は節約です(笑)
この『オーバードライヴ』は劇場公開されていたんですね。
(最近は劇場公開作品に疎くなってしまって・・。
 ↑ はなから映画館へ行く気がない証拠。笑)
実際はアクションとヴァイオレンスは控えめな作品ですよ。
ドウェイン・ジョンソンが好きなので観たのですが、
想像していた感じとは違い、けっこう深い話で心に残りました。
ところで、湛さんのほんとに好きな人ってジェイクですかー!?
意外です!(一瞬、ヒューかと思いました。笑)
以前、湛さんのTOP5に入ってましたっけ???
キューちゃんやエドはともかく、リーじゃないのはショックかも。
でも暫くぶりにお目にかかる俳優さんに再びハマるの、わかります。
映画に限らず何かの拍子に急にまたときめくことありますよね。
でもこれこそがその人のことほんとに好きな証拠だと思います♪
今年の私はまさにそんな感じ♪
『プリズナーズ』はDVDで鑑賞しようと思ってますが、
本編153分ですでに心が折れそうです・・(笑)
お住まいの近くにGEOがオープンしたのですね!やった!
映画館にこだわらず、レンタルでもどんどん観ちゃって下さい!
『New York 結婚狂騒曲』素敵なおじさま リード・ダイアモンド

© 2006 シネマな生活