『イーライ・ロスPRESENTS ザ・ストレンジャー ~感染者~』大切なお知らせ

2015年09月14日

『ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃』


jltoa_1.jpg海軍の潜水艦が襲撃され沈没したことをうけ、サイボーグ(声:シェマー・ムーア)はじめジャスティス・リーグのメンバーは調査を開始する。ちょうどその頃、海底の王国アトランティスでは父を殺された恨みからオーム王子(声:サム・ウィットワー)が地上人への攻撃を企てていた。

DC コミックのスーパーヒーローチーム、ジャスティス・リーグの活躍とアクアマンの誕生を描いたワーナーのアニメーションです。その他の声の出演は、マット・ランターショーン・アスティンロザリオ・ドーソンジェリー・オコンネルネイサン・フィリオンクリストファー・ゴーラムジェイソン・オマラら。

父を亡くしたばかりのアーサー・カリー(声:マット・ランター)は、自分が地上人とアトランティスの女王との間に生まれた子であることを知ります。両国の平和を守れるのはアーサーだけ。彼は母である女王に会いに行くことを決意するのですが・・・。




地上人を恨むオーム王子は地上人の仕業に見せかけた襲撃を行い、ついには平和的共存を訴える母(女王)を殺害します。そして軍を引き連れ東海岸へとやってきたオーム。そこでジャスティス・リーグとの決戦が繰り広げられます。本編は72分と短めですが、けっこうボリュームを感じてお腹いっぱいになりました♪ 物語も単純でいい!

jltoa_2.jpg

「ジャスティス・リーグもの」を観るのは今回が初めて。よく知らないキャラクターもいますがそれぞれのキャラクターの見せ場がちゃんとあるし、わかりやすくて面白かった!実写よりもカッコいいと感じたのは私だけでしょうか?そして戦いに巻き込まれることになるアーサー・カリーこそがのちのアクアマンなのですが、今回はアクアマン誕生のストーリーということもあって彼がいちばんカッコよかったですね。アクアマンもよく知らないキャラのひとりだったけど、ファンになっちゃいました。

お目当てはマット・ランターくんとサム・ウィットワー。ふたりとも相変わらずうまい。まずランターくん。アーサーの心境の変化がよく表現されていて、とにかくうまいし魅力的でした。やっぱり彼は俳優より声優として活動していくほうがいいと思うな。そして悪役のオーム王子ことサム・ウィットワー。いかにもな感じの“若々しさ”がものすごくよくて、新たな一面を見せてもらった感じ♪ この二人の対決は『クローン・ウォーズ』ファンとしては嬉しいですよね。

それとネイサン・フィリオン演じるグリーン・ランタンもなかなかカッコよかったですよ。ちょっと軽い感じでしたけど(笑)この作品に限っては、ルックスはハル(グリーン・ランタン)がいちばん好みだった♪

↓ 以下、キャスト一覧です。

ビクター/サイボーグ - シェマー・ムーア
バットマン - ジェイソン・オマラ
クラーク/スーパーマン - ジェリー・オコンネル
ダイアナ/ワンダーウーマン - ロザリオ・ドーソン
ハル/グリーン・ランタン - ネイサン・フィリオン
バリー/フラッシュ - クリストファー・ゴーラム
ビリー/シャザム - ショーン・アスティン

アーサー・カリー/アクアマン - マット・ランター
オーム王子 - サム・ウィットワー

(原題 『Justice League: Throne of Atlantis』 2015年)




rogue at 09:53│映画 【さ】・【た】 

この記事へのコメント

1. Posted by おむすび   2015年09月17日 20:21
こんばんは。
rogueさんはアニメ作品も見られるんですね。
守備範囲が広いw
ジャスティス・リーグは名前は知っていても登場人物らは馴染みのない人らばかり。
この作品で基本的な設定がわかるかもしれませんね。
娯楽作としてボリュームもあるようだしチェックしようと思います。
2. Posted by rogue   2015年09月19日 10:31
おむすびさん! こんにちは♪
アニメ、観ますよー!特別好きってわけでもないですけど(笑)
ちなみに去年は『宇宙兄弟 #0』と『STAND BY ME ドラえもん』を、
わざわざ映画館に観にいきました♪
ジャスティス・リーグはあまり馴染みがないですよね。
日本ではアベンジャーズ(マーベル)のほうが知名度高いし!
でも今回これを観て、面白い!と思いました。
とてもわかりやすくてよかったですよ。
他にもいろいろシリーズがあるようなので、
また観てみようと思ってます♪ おむすびさんもぜひ!!
ところでブログのURLが微妙に変わりました。
新しいURLはこれです ↓ 変更をお願いいたします!
http://www.rogueblog.net/
『イーライ・ロスPRESENTS ザ・ストレンジャー ~感染者~』大切なお知らせ

© 2006 シネマな生活