好きな俳優 南米代表 クリストバル・タピア・モント「2015年の顔」 リスト

2015年11月22日

『ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪』


HSH_1.jpg家具店を営むドン(パトリック・ウィルソン)は美しい妻 モナ(キャサリン・ハイグル)と2人のかわいい子どもに囲まれ、幸せな生活を送っているように見えた。しかし実際は完璧主義者のモナのせいで窮屈な毎日を過ごしているドン。そんな彼はしばらくして新人のダスティ(ジョーダナ・ブリュースター)と浮気をしてしまう。あれこれ悩んだ末、ドンは正直にモナに浮気を打ち明け・・。

日本劇場未公開の犯罪コメディ(18+)。その他の出演はジェームズ・ベルーシA・J・バックリーケヴィン・マクキッドシャイ・マクブライドら。

これ軽い気持ちで観たらえらいことですよ。想像と違いかなり強烈なコメディで戸惑いましたが、パンチがきいてて面白いですね。お腹いっぱいになりました。




妻に浮気を打ち明けたら、浮気相手の殺害を命令されるドン。果たして彼はモナの言うがままにダスティを殺害するのか?気弱な彼にそんなことできるはずがありません。そこでモナの出番ですよ。この完璧主義者のモナ。はじめは鬼嫁ぶりが面白いな~なんてクスクス笑いながら見てましたが、鬼嫁どころの話じゃない!

たかが不倫ごときで(といってもドンはダスティに妊娠を理由にお金を要求されます。)、これまで築き上げてきたものを壊されたくないというモナの気持ちはわかりますが、彼女、完全にイカれてるし猟奇的。でも水を得た魚のような感じがなんともねえ。インパクトがありすぎます。あのチンピラ同様、私も彼女のこと甘くみてましたわ。完璧主義者による完全犯罪の結末は果たして・・・。

HSH_2.jpg

そんなモナに振り回されるドン。妻があれほど完璧主義者だとやっぱりちょっとかわいそうです(でも浮気は絶対にダメ!)。暴走する妻を止めることもできない彼ですが、まわりにはそれなりに上手に嘘をつくから面白い。鬼嫁相手にホロリとさせられるシーンもありますが、それでも(モナが)ダメだこりゃって感じ。気弱で妻の言いなりだったドンが最後にみせてくれた自分の意思・・いいのか悪いのか、なんかスカっとしました。

今年、地味にハマってるパトリック・ウィルソン。ほんとに表情豊かでうまい!基本ハンサムだけど、私は彼の情けない表情がツボだったりします。でもそうやってさまざまな表情を見せてくれるからこそ、ここぞというときのキメ顔には余計にそそられますよね。今回もそんな感じでした♪ もうひとりのお目当てケヴィン・マクキッドはチンピラ役だし出番もさほど多くはないしで、やや消化不良です。

(原題 『Home Sweet Hell』 2015年)




シネマな生活 at 17:33│映画 【な】・【は】 
好きな俳優 南米代表 クリストバル・タピア・モント「2015年の顔」 リスト

© 2006 シネマな生活