『シー・フィーバー 深海の怪物』『バタリアン2』

2022年09月06日

『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』


生活のあらゆることをスマホに頼る主人公フィル(アダム・ディヴァイン)は休日もスマホをさわってばかり。そんなある日大事なスマホが壊れてしまいフィルは新しいものを購入するのだが、音声アシスタント“ジェクシー”のおかげで!?彼の人生に変化が訪れる。

スマホ一台あれば大抵のことはできるようになった時代。そんな時代でも人生にとって本当に大切なことは何かを教えてくれる、ちょっとだけ下品な、でも心温まるコメディ映画です。その他の出演はアレクサンドラ・シップマイケル・ペーニャワンダ・サイクスジャスティン・ハートリーら。


スマホの画面にかじりつきがちなフィルは人間関係を築こうとせず、ずっとひとりで過ごしていました。新しいスマホに搭載された“ジェクシー”がフィルの人生を変えるお手伝いをしてくれる、というお話ですが、この“ジェクシー”がウザ面白い。またスマホが壊れると同時にフィルはケイト(アレクサンドラ・シップ)という女性と出会い、ここから彼の人生が変わっていきます。果たして彼は自分の夢もそしてケイトも手に入れることができるのか。

ケイトと出会って人生バラ色?になったフィルは次第に目の前のことにきちんと向き合うようになります。もともと人づきあいが苦手というわけではなくきっかけがなかっただけ。イキイキしていて見ているこっちも楽しい。通いなれた道をスマホの画面を見ながら歩く彼が、ふと顔を上げて、そこに美しい景色が広がっていることに気づくシーンが印象的。

またケイトは本当に素敵な女性だなと感じました。フィルとは正反対で、とてもアクティブで、それもまた楽しかったです。ケイトは過去に辛い出来事があったようですが、彼女がSNSをやめた理由が心に響きました。このシーン、ケイトは本当に大事なことを言っています(まさにこの作品のテーマの部分)。

スマホに頼る生活が悪いわけではありません。ただ何事もバランスを大切にしないといけませんね。

(原題 『Jexi』 2019年)


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『シー・フィーバー 深海の怪物』『バタリアン2』

© 2006 シネマな生活