サイモン・ベイカー

2011年08月26日

海外ドラマ 「男子会」


dramancisla.jpg最近のブームといえば「女子会」や「女子力」。でも海外ドラマではやはり「男子力」がポイント。好きな海外ドラマのひとつ『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』での、男だけで飲みにいくかっ!→たまには「男子会」ってのもいいよな的な会話をきっかけに、「男子会」、「男子力」というものに注目するようになりました。

すると、現在観ている海外ドラマの主要な男子キャラはみなトリオであることが判明。もちろん女性キャラもいるので、必ずしも男子トリオで活躍しているというわけではありませんが、なかなか面白い共通点ですよね。“男3人”というのもある意味ドラマの面白さを左右するポイントなのかも?


続きを読む

rogue at 21:04|Permalink

2011年08月17日

『レッド・プラネット』


redplanet_1.jpg懐かしシリーズ第2弾?

21世紀、地球の環境汚染は深刻な状態となる。人類は火星への移住を計画し火星地球化を着々と進めるなかで、調査のための科学チームが火星へと派遣される。彼らの船は無事火星へと辿り着くものの、ソーラーフレアにより損傷をうける。隊員たちはボーマン船長(キャリー=アン・モス)を船に残し、火星へと降り立つのだが・・・。

ヴァル・キルマー主演のSFスリラー。好きなSF映画のひとつで、最近ブルーレイ化されました♪その他の出演は、トム・サイズモアサイモン・ベイカーベンジャミン・ブラットテレンス・スタンプ


続きを読む

rogue at 17:53|Permalink

2011年01月28日

『Margin Call』 サンダンス映画祭 その②


12439b2c.jpg
b81ed215.jpg


サンダンス映画祭2011での『Margin Call』のポートレート。出演者が勢揃い!!!

ポール・ベタニーケヴィン・スペイシージェレミー・アイアンズザカリー・クイントサイモン・ベイカースタンリー・トゥッチ!!豪華!!


margincall_5.jpg
デミ・ムーア姉さんもいます!他にもザックとサイモン・ベイカーのツーショット写真なんかもありましたが、海外ドラマファンにも嬉しいツーショットですよね♪





rogue at 20:16|Permalink

2011年01月26日

『Margin Call』 サンダンス映画祭へ


ザカリー・クイントが出演する『Margin Call』(財政危機に直面した投資銀行の人々を描いた物語)がサンダンス映画祭2011でお披露目されました☆まだ情報収集の途中だけど、とりあえず写真だけ。

ポール・ベタニーはじめ、今やすっかり『メンタリスト』の人になってしまった?サイモン・ベイカーも出席したんですね♪♪♪『メンタリスト』の撮影の合間をぬっての参加?と思うとなんだか嬉しいな。

14be2d72.jpg
58bac170.jpg





rogue at 23:31|Permalink

2010年12月03日

ザカリー・クイント 『Margin Call』 サンダンス映画祭へ


margincall_zach.jpgザカリー・クイントの会社が製作した映画『Margin Call』が、2011年のサンダンス映画祭でお披露目されるらしい!

これは財政危機に直面した投資銀行の人々を描いた作品で、出演はケヴィン・スペイシーポール・ベタニージェレミー・アイアンズサイモン・ベイカーデミ・ムーアスタンリー・トゥッチら。もちろんザックも出演。

サイモン・ベイカーが冷酷な証券マンの役ってのも楽しみなんだけど、ビジネスマンなザックもこれまた楽しみ♪




rogue at 23:37|Permalink

2010年11月07日

『THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル』 シーズン1


thementalist1_1.jpgいまハマってるドラマといえば、『チャック』『メンタリスト』『チャック』はおいといて、今日は11月10日より順次発売される『メンタリスト』(アメリカでは現在シーズン3を放送中。)について。

先週シーズン1の最終回をむかえた本作。途中から観はじめたのですが、これがめちゃハマった!主人公はCBI(カリフォルニア州捜査局)の捜査チームにコンサルタントとして加入した、元人気霊能力者(もちろん“ニセ霊能力者”)のパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)。巧みに人の心を読み、操るジェーンさんのテクニックにはほんと感心します。一話完結型のドラマですが、ジェーンさんと彼の妻子を殺した“レッド・ジョン”との対決、という大きな柱もあります。


続きを読む

rogue at 22:00|Permalink

2006年03月27日

『ランド・オブ・ザ・デッド』


ジョージ・A・ロメロ『ランド・オブ・ザ・デッド』を鑑賞。

すでに街がゾンビ化してるところから話が始まるのですが、中盤ぐらいまでまったく話がみえてこないので、頭の中が???状態でした。

今回のゾンビの特徴は、学習能力があるということ。でもまったく怖くなかったです。何というか、作品全体に緊張感がないというか、ハラハラする感じがなかった気がします。
続きを読む

rogue at 15:37|Permalink

© 2006 シネマな生活