サム・ウィットワー

2015年09月14日

『ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃』


jltoa_1.jpg海軍の潜水艦が襲撃され沈没したことをうけ、サイボーグ(声:シェマー・ムーア)はじめジャスティス・リーグのメンバーは調査を開始する。ちょうどその頃、海底の王国アトランティスでは父を殺された恨みからオーム王子(声:サム・ウィットワー)が地上人への攻撃を企てていた。

DC コミックのスーパーヒーローチーム、ジャスティス・リーグの活躍とアクアマンの誕生を描いたワーナーのアニメーションです。その他の声の出演は、マット・ランターショーン・アスティンロザリオ・ドーソンジェリー・オコンネルネイサン・フィリオンクリストファー・ゴーラムジェイソン・オマラら。

父を亡くしたばかりのアーサー・カリー(声:マット・ランター)は、自分が地上人とアトランティスの女王との間に生まれた子であることを知ります。両国の平和を守れるのはアーサーだけ。彼は母である女王に会いに行くことを決意するのですが・・・。


続きを読む

rogue at 09:53|Permalink

2012年01月19日

クセがあってクセになる俳優さん


好きな俳優さんをジャンル分け!?わたくし、クセのある俳優さん(よく言えば個性的?)が好きなことは重々承知しておりますが(笑)、今日はそれをちょっとまとめてみました♪

◆注目の俳優◆


actor_1.jpgマイケル・ウェストン

いま最も気になる俳優さん。『バーン・ノーティス』 シーズン3のゲスト出演がきっかけで気になり始めました。第5話でエイリアンがどーのこーのと言ってた人です。マイケル(ジェフリー・ドノヴァン)があの依頼を受けたのもびっくりですが(笑)、それ以上にマイケル・ウェストンの個性的な演技に釘付け。


その時からすっかり彼の虜になってしまい、『ドクターズ・ハイ』もこの人目当てで鑑賞。まさに“クセのある演技”ができるという点でかなりのわたし好み。ぶっ飛びぶりが好きです。 『Dr.HOUSE』にも数話出演しているということで、もうすぐ再放送が始まるシーズン6でしっかり確認しようと思います♪


続きを読む

rogue at 10:08|Permalink

2011年08月21日

『クローン・ウォーズ』 シーズン3 感想


clonewarsseason3.jpg8/8~12に一挙放送された『クローン・ウォーズ』 シーズン3。一気に観ると話がよくわかるせいか?かなり面白かったです。第1話&第2話はクローン生産工場でお馴染みの惑星カミーノが舞台。クローン兵の訓練の様子なども描かれていて、なかなか興味深かったですね。

その後、第11話までは政治的なストーリーがメイン。まず、シーズン2でオビ・ワン(声:ジェームズ・アーノルド・テイラー)とのエピソードが印象的だったサティーン公爵が再登場。彼女の惑星マンダロアが舞台となるエピソードがあるのですが、政治家にたよらず、彼女が自ら汚職の実態を暴くストーリーがなかなかよかったです。サティーン公爵、オビ・ワンの心をもてあそんで~とか思ってましたけど、すごく素敵な女性ですね。そしてマンダロアがなぜ汚職まみれになってしまったのか、これも重要なポイントです。


続きを読む

rogue at 22:30|Permalink

© 2006 シネマな生活