ジェイコブ・ピッツ

2014年03月02日

好きな俳優 ジェイコブ・ピッツ


actor_25.jpgいま再びハマっている俳優がジェイコブ・ピッツ。初めてお目にかかったのは『ラスベガスをぶっつぶせ』(2008年公開)。彼が演じたフィッシャーというキャラクターが印象的だったのはもちろんのこと、独特の雰囲気だけど顔が好みで素敵!と思いました。それから『ユーロトリップ』『アクロス・ザ・ユニバース』と立て続けにお目にかかる機会があり、どんどんハマっていったわけです。

顔が好みと書きましたが、彼は笑顔もとっても素敵なんですよね(特に『ユーロトリップ』では笑顔を振りまいています)。真剣な表情とのギャップがいいし、あと特徴的な話し方(喋り方)も好き。そんなジェイコブ・ピッツになぜ今またハマっているかというと、年齢を重ねるにつれてますますいいオトコになったと感じたから!

数話出演している『ザ・パシフィック』は未見なのでわかりませんが、上に挙げた三作品ではどれも彼は(上にも書いたように)個性的とはまた違う独特の雰囲気を醸し出しています(そういうところも好き)。でも今の彼を見ると当時彼のことを「カッコいい!」と思ったのは間違いじゃなかったですね♪(ちょっと老けたなとも思いますけど。笑)


続きを読む

rogue at 23:45|Permalink

2009年05月19日

『ユーロトリップ』


アメリカの若者4人のヨーロッパ珍道中を描いたお気楽青春ムービー。

アメリカの高校生スコット(スコット・ミシュロウィック)は卒業式の日、恋人にフラれてしまう。失恋で落ち込んでいたスコットは親友のクーパー(ジェイコブ・ピッツ)にあることを吹き込まれ、ドイツのメル友マイクを傷つけてしまう。しかしマイクが本当はミーカという女性だと知り、居ても立ってもいられなくなったスコットは、クーパーと共にベルリンへ向かうのだが・・。
続きを読む

rogue at 00:07|Permalink

2008年06月29日

『ラスベガスをぶっつぶせ』


マサチューセッツ工科大学に通う優秀な学生ベン(ジム・スタージェス)は、卒業後ハーバード医科大へ進学することに。しかしその学費と生活費の30万ドルをどうやって用意したらいいか悩んでいた。そんなある日、ブラックジャックで必ず勝つ方法を研究しているミッキー・ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)のチームに誘われる。ベンは最初は断るものの、学費を稼ぐためにチームに参加し、ラスベガスへと乗り込むのであった。

その他の出演者はケイト・ボスワースローレンス・フィッシュバーンら。
続きを読む

rogue at 22:26|Permalink

© 2006 シネマな生活