ジェームズ・ピュアフォイ

2012年12月29日

2012年を振り返る 【俳優編】


今年もたくさんの方に当ブログにお越し頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。誠にありがとうございました。他のことに夢中になってた時期もありましたが、だからこそ?私のいるべき場所はここなんだと改めて実感させられる年でもありました。2013年も超マイペースな更新になるとは思いますが、「シネマな生活」をよろしくお願い致します♪

さていつもは心に残った映画の話で一年を締めくくるのですが、今年は俳優の話で終わりたいと思います(映画の話は年明けに!)。「今年はこの人にハマった!」という俳優さんが毎年必ずいるわけですが、まずここ数年のハマった俳優さんをおさらいすると、2009年はジョセフ・ゴードン=レヴィットライアン・レイノルズ、2010年はブラッドリー・クーパー、2011年はトム・ヒドルストンでした。そして2012年は・・・ジミ・シンプソンオリヴァー・キアラン=ジョーンズの二人!


続きを読む

rogue at 17:03|Permalink

2012年09月12日

『アイアンクラッド』


ironclad_1.jpg13世紀のイングランド。国王の権限を制限するマグナ・カルタへ署名させられたジョン王は怒りを抑えられず、傭兵を率いて各地で戦争を続けていた。国王のロンドンへの進軍を食い止めるため、テンプル騎士団のトーマス(ジェームズ・ピュアフォイ)らわずか数名の戦士がロチェスター城を死守すべく立ち上がる。

史実をもとに、わずか20人足らずでジョン王率いる1000人の傭兵に立ち向かった戦士を描いた物語。その他の出演はブライアン・コックスケイト・マーラポール・ジアマッティデレク・ジャコビジェイソン・フレミングマッケンジー・クルックチャールズ・ダンスら。

ロチェスター城での死闘が描かれた本作。あまりの生々しさに、久々に心が折れました(>_<)


続きを読む

rogue at 23:44|Permalink

2012年05月24日

『CAMELOT ~禁断の王城~』


camelot_1.jpgIMAGICA BSにて3月に放送が始まった『CAMELOT ~禁断の王城~』(アーサー王伝説を描いたドラマ)。先日全10話の放送が終了しました。

父であるウーサー王を殺害し、ブリテンの女王となるはずだったモーガン(エヴァ・グリーン)。しかしウーサーの隠し子であるアーサー(ジェイミー・キャンベル・バウアー)が王の座に就くことになり・・・。単純にいえばアーサーを王の座から引きずりおろすために、モーガンがあれこれ画策するといった内容。魔術師マーリン役にジョセフ・ファインズ、その他の出演はクレア・フォーラニフィリップ・ウィンチェスターら。

いくら俳優さん目当てと言っても、このドラマ、正直辛かったな(^_^; スリルが足りなくて全体にダラダラとした展開なんですよね。どうしようもなくつまんないドラマだなと思ったときもありましたが、終盤はすごく面白かったし、最終回なんて涙・涙ですよ。やっぱ好きです、このドラマ。


続きを読む

rogue at 09:40|Permalink

2012年05月19日

『ジョン・カーター』


jc_1.jpg1881年、おじのジョン・カーター(テイラー・キッチュ)から今すぐ会いたいという連絡を受けたエドガー・ライス・バローズ(ダリル・サバラ)はニューヨークへとやってくる。しかしそこでエドガーはジョンが亡くなったことを知らされ、一冊の日記を手渡される。そこにはジョンの想像を絶する体験が記されていた。

原作は『スター・ウォーズ』シリーズに多大な影響を与えたとされるSF小説の古典『火星のプリンセス』エドガー・ライス・バローズ著)。その他の出演はリン・コリンズサマンサ・モートンマーク・ストロングウィレム・デフォードミニク・ウェストキアラン・ハインズジェームズ・ピュアフォイトーマス・ヘイデン・チャーチら。

ヴァージニアではなく、ジョン・カーターです!というツッコミはおいといて(笑)、滑り込みで観てきました!ジョン・カーター!正直これを映画館で観るのはかなり迷いましたけど、やっぱり観てよかったです。ハマるわ、これ。ロマンですね~。


続きを読む

rogue at 20:53|Permalink

© 2006 シネマな生活