ジョセフ・ゴードン=レヴィット

2012年12月29日

2012年を振り返る 【俳優編】


今年もたくさんの方に当ブログにお越し頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。誠にありがとうございました。他のことに夢中になってた時期もありましたが、だからこそ?私のいるべき場所はここなんだと改めて実感させられる年でもありました。2013年も超マイペースな更新になるとは思いますが、「シネマな生活」をよろしくお願い致します♪

さていつもは心に残った映画の話で一年を締めくくるのですが、今年は俳優の話で終わりたいと思います(映画の話は年明けに!)。「今年はこの人にハマった!」という俳優さんが毎年必ずいるわけですが、まずここ数年のハマった俳優さんをおさらいすると、2009年はジョセフ・ゴードン=レヴィットライアン・レイノルズ、2010年はブラッドリー・クーパー、2011年はトム・ヒドルストンでした。そして2012年は・・・ジミ・シンプソンオリヴァー・キアラン=ジョーンズの二人!


続きを読む

rogue at 17:03|Permalink

2012年09月03日

『50/50 フィフティ・フィフティ』


50-50_1.jpgラジオ局に勤める27歳の真面目な青年アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ある日ガンを宣告される。5年生存率は50%。突然の出来事に戸惑いながらも、親友カイル(セス・ローゲン)や恋人のレイチェル(ブライス・ダラス・ハワード)のサポートを受けながら闘病生活を送るアダムだったが・・・。

脚本家の実体験を映画化した青春コメディ。その他の出演はアナ・ケンドリックアンジェリカ・ヒューストンマット・フルーワーフィリップ・ベイカー・ホールら。

シリアスな内容に笑いが散りばめられている本作。コメディとはいえ、私は涙なしでは観れませんでした。特に後半は泣きっぱなし。


続きを読む

rogue at 23:26|Permalink

2010年08月13日

『インセプション』


inception_1.jpgディカプー!!!

人の夢に入り込み、その人のアイデアを盗み出す仕事をしているコブ(レオナルド・ディカプリオ)は、実業家のサイトー(渡辺謙)から、ある人物に逆にアイデアを植え付けてほしいとたのまれる。不可能に近いミッションだったが、コブはあることを条件に引き受ける。

人の夢に入り込むなんてSFの世界じゃありがちだし、作品そのものに斬新さは感じませんでした。でもノーラン監督お得意の“ドラマ性”でうまく仕上がってます。はっきり言って私は、ノーラン監督の作風がキライです。キライな理由がまさにこの“ドラマ性”。“ドラマ性”はあっても、ドラマチックじゃないからキライなんですよ。一緒に観た相方が「話がうっとおしい。」と言い切りましたからね。このひと言が私には神の声に思えた(笑)


続きを読む

rogue at 21:53|Permalink

2010年03月28日

『ブラザーズ・ブルーム』


スティーブン(マーク・ラファロ)とブルーム(エイドリアン・ブロディ)の兄弟は、幼いころから詐欺を繰り返してきた。このままでは自分がだめになると思ったブルームは、ひとりで暮らす大富豪のペネロペ(レイチェル・ワイズ)を騙すことを最後に、足を洗うことを決意。しかしブルームは、彼女に恋をしてしまう!

エイドリアン・ブロディの新作。監督・脚本が『BRICK -ブリック-』ライアン・ジョンソン。そして『BRICK -ブリック-』ジョセフ・ゴードン=レヴィットノラ・ゼヘットナーも今回チラッと出演してます!
続きを読む

rogue at 22:02|Permalink

2010年03月26日

『キルショット』


チンピラのリッチー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、殺し屋のブラックバード(ミッキー・ローク)と手を組み不動産屋に乗り込むが、恐喝に失敗する。そして従業員のカーメン(ダイアン・レイン)と、偶然その場に居合わせた彼女の夫、ウェイン(トーマス・ジェーン)は、彼らの顔を見たことから命を狙われることになる。
続きを読む

rogue at 00:24|Permalink

2009年12月30日

2009年を振り返る


今年の更新は本日が最後です。一年間、たくさんの方にご訪問いただきました。本当にありがとうございました☆

今年はいろいろと貴重な体験ができ、充実した一年でもありました。しかしながらもう人生のほとんどの運を使い果たしたと思われます。笑

ではさっそく、今年のrogue的ベスト作品を挙げます。まずは劇場鑑賞作品から。
続きを読む

rogue at 00:33|Permalink

2009年11月12日

『BRICK -ブリック-』


トンネルの前に横たわった女性の死体を見つめるひとりの青年。彼は一匹狼の高校生ブレンダン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。そしてその死体の女性は彼の元カノ、エミリー。

興味をそそられるオープニング。そして物語は二日前に遡ります。元カノ、エミリーに助けを求められたブレンダンは彼女を救おうとしますが、何者かに殺されてしまいます。いったい彼女に何があったのか?ブレンダンは真相を探るため、彼女が残した謎の暗号をもとにある麻薬組織に近づきます。
続きを読む

rogue at 21:37|Permalink

© 2006 シネマな生活