ジョン・ヘダー

2012年01月19日

クセがあってクセになる俳優さん


好きな俳優さんをジャンル分け!?わたくし、クセのある俳優さん(よく言えば個性的?)が好きなことは重々承知しておりますが(笑)、今日はそれをちょっとまとめてみました♪

◆注目の俳優◆


actor_1.jpgマイケル・ウェストン

いま最も気になる俳優さん。『バーン・ノーティス』 シーズン3のゲスト出演がきっかけで気になり始めました。第5話でエイリアンがどーのこーのと言ってた人です。マイケル(ジェフリー・ドノヴァン)があの依頼を受けたのもびっくりですが(笑)、それ以上にマイケル・ウェストンの個性的な演技に釘付け。


その時からすっかり彼の虜になってしまい、『ドクターズ・ハイ』もこの人目当てで鑑賞。まさに“クセのある演技”ができるという点でかなりのわたし好み。ぶっ飛びぶりが好きです。 『Dr.HOUSE』にも数話出演しているということで、もうすぐ再放送が始まるシーズン6でしっかり確認しようと思います♪


続きを読む

rogue at 10:08|Permalink

2010年12月14日

『恋愛ルーキーズ』


schoolforscoundrels_1.jpg駐車監視員のロジャー(ジョン・ヘダー)は冴えない男。同僚にはバカにされ、憧れの隣人アマンダ(ジャシンダ・バレット)ともうまく会話ができない。彼はある日友人に、秘密のセミナーを紹介される。ロジャーはセミナーに参加し、ドクターP(ビリー・ボブ・ソーントン)の特訓を受けるうちに自分に自信を持つようになるのだが・・・。

その他の出演はマイケル・クラーク・ダンカンベン・スティラーら。

思ってた作風と全然違ったけど、スカッと爽快!なお話ですごく後味がいい。これ、あの『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の監督さんの作品なんですね。そりゃ面白いはずやわ。恋愛マスターがヘタレ軍団の根性を叩きなおす!といった感じの物語かと思いきや実はそうでもなくて(いやもちろんそれがベースなんだけど)、男同士のバトルがメイン。


続きを読む

rogue at 20:29|Permalink

2010年11月24日

『ママ男』


mamasboy_1.jpgジェフリー(ジョン・ヘダー)は29歳になった今も、ママ(ダイアン・キートン)と暮らしていた。しかしママにマート(ジェフ・ダニエルズ)という新しい恋人ができたことから、彼はママを取られまいとマートにあれこれ嫌がらせするのだが・・・。

マザコン男が自立していく様子を描いた青春コメディ。久々におもしろいコメディを観た!ただ笑わせるだけじゃない、脚本のしっかりした作品だと感じました。安定した展開なのもいい。

ジェフリーは幼い頃にパパを亡くし、ずっとママと二人で暮らしてきたわけですが、「自分がママを守らなきゃいけない」という思いがちょっと違う方向へ行っちゃった感じかな。しかもママが自立しないジェフリーとの生活にうんざりしているとは露知らず・・・。まず最初に思ったことは、いい加減ママを解放してあげてってこと(笑)


続きを読む

rogue at 21:12|Permalink

2010年10月13日

『鉄板スポーツ伝説』 & 『みんな私に恋をする』


thecomebacks_1.jpgダックス・シェパード出演作を2つまとめて。

まず『鉄板スポーツ伝説』。史上最悪のコーチとして有名なフィールズ(デヴィッド・ケックナー)が、大学アメフトチームのコーチへとカムバックしチームを鍛え上げていく、パロディ満載のコメディ。

“鉄板”シリーズを観るのは初めて。このシリーズってなにか関連あるの?まあどうでもいいけど(笑)そもそも“パロディ映画”はキライなジャンルのひとつなので、今回もどんだけ苦痛だったことか。107分って長くないかい?でも大好きなダックス・シェパードが出てますからね、ガマンガマン。


続きを読む

rogue at 21:38|Permalink

2010年01月24日

『サーフズ・アップ』


南極に住むイワトビペンギンのコディ(シャイア・ラブーフ)はサーフィンに明け暮れ、いつかビッグになることを夢見ていた。ある日コディのもとに“ビッグZ記念杯”のスカウトが訪れ、コディは大会に出場することになる。自信満々で大会にのぞむコディだったが・・・。

新人サーファーの挫折と成長を描いた長編アニメーション。その他の声の出演はジェフ・ブリッジスゾーイ・デシャネルジョン・ヘダージェームズ・ウッズら。
続きを読む

rogue at 21:41|Permalink

© 2006 シネマな生活