トム・ヒドルストン

2012年12月29日

2012年を振り返る 【俳優編】


今年もたくさんの方に当ブログにお越し頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。誠にありがとうございました。他のことに夢中になってた時期もありましたが、だからこそ?私のいるべき場所はここなんだと改めて実感させられる年でもありました。2013年も超マイペースな更新になるとは思いますが、「シネマな生活」をよろしくお願い致します♪

さていつもは心に残った映画の話で一年を締めくくるのですが、今年は俳優の話で終わりたいと思います(映画の話は年明けに!)。「今年はこの人にハマった!」という俳優さんが毎年必ずいるわけですが、まずここ数年のハマった俳優さんをおさらいすると、2009年はジョセフ・ゴードン=レヴィットライアン・レイノルズ、2010年はブラッドリー・クーパー、2011年はトム・ヒドルストンでした。そして2012年は・・・ジミ・シンプソンオリヴァー・キアラン=ジョーンズの二人!


続きを読む

rogue at 17:03|Permalink

2012年05月30日

『ミッドナイト・イン・パリ』


midnightinparis_1.jpg小説家に転身したい脚本家のギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)と訪れたパリに胸を躍らせていた。しかし執筆作業が思うように進まず、イネズの友人たちとの付き合いにも疲れたギルは、ひとり夜の街を彷徨うことに。そんなとき、彼の前に一台のクラシックカーが現れる。誘われるがまま車に乗り込むギルだったが、連れて行かれた先はなんと1920年代の偉人たちが集う社交クラブだった!


アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞の最優秀脚本賞を受賞した、ウディ・アレン監督のファンタジー・コメディ。その他の出演はマイケル・シーンエイドリアン・ブロディキャシー・ベイツマリオン・コティヤールトム・ヒドルストンコリー・ストールら。


続きを読む

rogue at 22:42|Permalink

2012年05月28日

年代別にみる好きな俳優 その1


私は基本オヤジ好きなんですけど、自分が年を取ったせいか?最近では若い俳優さんにも随分目がいくようになりました。いまの私にとってはやっぱり1980年代生まれの俳優さんが最もHOT。というわけで、80年代生まれの好きな俳優さんを取り上げてみました。たくさんいるんですけど、今の段階でハッキリ好きといえる俳優さんだけ。

◆1980年生まれ◆


80s_1.jpg


1.ザカリー・リーヴァイ

ご存知『CHUCK/チャック』のチャックです。ほんとはすっごくハンサムなのに、チャックにしろ『アルビン2』にしろちょっぴり冴えない感じの役どころがめちゃ似合います。そんなザックも次はFOXのドラマに出演するとか?今度はどんな魅力を振りまいてくれるのでしょうか。ザック、初来日も決定したようでますます人気上昇すること間違いなし?ですよね♪ちなみにいちばん好きなザックの作品は、『塔の上のラプンツェル』


続きを読む

rogue at 22:31|Permalink

2012年03月03日

『戦火の馬』


warhorse_3.jpg愛情を注ぎ育ててきた馬をイギリス軍に売られてしまった少年アルバートとその馬、ジョーイの奇跡の物語。トム・ヒドルストンも出演している、スティーヴン・スピルバーグ監督作品。現在公開中です。

父親が競り落としてきた馬をジョーイと名づけ、愛情を注ぎ育てる少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)。しかしやがて第一次大戦が始まり、父親はジョーイをイギリス軍に売ってしまう。悲しむアルバートにイギリス軍のニコルズ大尉(トム・ヒドルストン)はジョーイを必ず返すと約束するのだが、やがてジョーイは数奇な運命をたどることに。

その他の出演はエミリー・ワトソンピーター・ミュランデヴィッド・シューリスベネディクト・カンバーバッチパトリック・ケネディデヴィッド・クロストビー・ケベルリーアム・カニンガムエディ・マーサンら。


続きを読む

rogue at 11:22|Permalink

2012年01月04日

海外ドラマベストテン 2011


先日も書いたように、昨年は一段と海外ドラマにハマった一年でした。とはいえ、本気で鑑賞した海外ドラマは20弱くらい。かなり少ないと思います。今日はそんな中から「海外ドラマベストテン 2011」を発表したいと思います。

lawandorder_1.jpg第1位 『LAW & ORDER』 シーズン18 (現在、シーズン19放送中)

多くの犯罪捜査ドラマのお手本となった長寿番組。前半は警察が舞台、後半は検察・法廷が舞台のドラマです。スピンオフも数々誕生していますが、昨年この本家『LAW & ORDER』の放送が決まったときは本当に嬉しかったです。

クオリティの高さではダントツのNO.1。アメリカ社会の現実を描いた、非常にリアリティのあるドラマです。ムダな描写が一切なく、かといって淡々としているわけではないのがいいし、感情的ではないという点もいいですね。またどのエピソードも映画化できるんじゃない?と思ってしまうほど内容が濃いです。そして俳優陣は実力派ばかり。これを観てしまうと他の犯罪捜査ドラマなんてもう・・・?


続きを読む

rogue at 20:03|Permalink

2012年01月01日

Happy New Year ♪

明けましておめでとうございます。本年もシネマな生活をどうぞよろしくお願いします!そして、2012年もトム・ヒドルストンを追いかけます♪







rogue at 00:13|Permalink

2011年12月29日

2011年を振り返る


今年もたくさんの方にご訪問いただき、本当にありがとうございました。11月以降は少し更新が滞ってしまいましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。

さて2011年を振り返って。ひと言で言うと、「映画館へ行く」という行為が心底どうでもよくなった一年でした。理由はいろいろあるけど、ここでは言いません(笑)それと今年は昨年以上に海外ドラマにハマった一年でしたね。もうみんな気づいてると思います。今は映画より海外ドラマの方が面白いって。2007年より続けてきた年末恒例の映画に関する「ベスト作品発表」も今年で終わりかな、なんて思っています。それ以前に、来年もドラマの方に集中しそうなので、この「シネマな生活」もいよいよ廃業かも?

というわけで、2011年のベスト作品発表です。


続きを読む

rogue at 20:18|Permalink

© 2006 シネマな生活