マイケル・ウェストン

2012年01月19日

クセがあってクセになる俳優さん


好きな俳優さんをジャンル分け!?わたくし、クセのある俳優さん(よく言えば個性的?)が好きなことは重々承知しておりますが(笑)、今日はそれをちょっとまとめてみました♪

◆注目の俳優◆


actor_1.jpgマイケル・ウェストン

いま最も気になる俳優さん。『バーン・ノーティス』 シーズン3のゲスト出演がきっかけで気になり始めました。第5話でエイリアンがどーのこーのと言ってた人です。マイケル(ジェフリー・ドノヴァン)があの依頼を受けたのもびっくりですが(笑)、それ以上にマイケル・ウェストンの個性的な演技に釘付け。


その時からすっかり彼の虜になってしまい、『ドクターズ・ハイ』もこの人目当てで鑑賞。まさに“クセのある演技”ができるという点でかなりのわたし好み。ぶっ飛びぶりが好きです。 『Dr.HOUSE』にも数話出演しているということで、もうすぐ再放送が始まるシーズン6でしっかり確認しようと思います♪


続きを読む

rogue at 10:08|Permalink

2011年12月29日

2011年を振り返る


今年もたくさんの方にご訪問いただき、本当にありがとうございました。11月以降は少し更新が滞ってしまいましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。

さて2011年を振り返って。ひと言で言うと、「映画館へ行く」という行為が心底どうでもよくなった一年でした。理由はいろいろあるけど、ここでは言いません(笑)それと今年は昨年以上に海外ドラマにハマった一年でしたね。もうみんな気づいてると思います。今は映画より海外ドラマの方が面白いって。2007年より続けてきた年末恒例の映画に関する「ベスト作品発表」も今年で終わりかな、なんて思っています。それ以前に、来年もドラマの方に集中しそうなので、この「シネマな生活」もいよいよ廃業かも?

というわけで、2011年のベスト作品発表です。


続きを読む

rogue at 20:18|Permalink

2011年09月16日

『ドクターズ・ハイ』


pathology_1.jpg病理学の研修医であるテッド(マイロ・ヴィンティミリア)は、エリートが集まる医療センターへ赴任する。そしてテッドは同じく優秀なジェイク(マイケル・ウェストン)のチームに配属されるのだが、やがてジェイクたちが行う危険なゲームへ身を投じることとなる。

その他の出演はローレン・リー・スミスアリッサ・ミラノジョン・デ・ランシーら。


彼らが行う危険なゲームとは、自ら殺人を犯し、他のメンバーが死因を当てるというもの。それ以外にも遺体で遊んだりと、不謹慎かつ不愉快極まりない映画なのですが、サスペンスとしては面白いから困ったものです。


続きを読む

rogue at 23:09|Permalink

© 2006 シネマな生活